忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
…健康的で美しいボディを手に入れたいっ!かなり本気なボディメイクの記録…
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
(03/12)
(10/04)
間違えた(返信済)
(09/21)
私も欲しい♪(返信済)
(09/14)
ピラティス(返信済)
(09/13)
最新トラックバック
ランキングに参加中です
↓★ダイエット情報満載★↓

slimz

にほんブログ村 ダイエットブログへ

人気ダイエットblog

人気美容・健康BLOG

ぶろぐひろば

↑★気が向いたらポチっと★↑
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冷え性の原因って、いろいろあるみたいだけど
一番は「内臓が垂れていること」なんだって!

手先や足先が冷えてるだけではなくて、体の内側の内臓も冷えてるらしい。これは、弱った腹筋と背筋が内臓をささえきれず、下に垂れている状態。

では、なぜ垂れると冷えるのか…
それは、下垂することで内臓の働きが悪くなって胃や腸、腎臓などに水分が残ってしまうから。そして、この水分が周りの臓器まで冷やしてしまい、さらに余計な水分で内臓が下がるという悪循環。や~な話だね。

お風呂に入ったりして体を温めれば、一時的に冷えは解消するけど、根本的な改善にはなっていない。内臓は本来あるべきところにあって初めて、十分な機能を発揮することができる。下垂した状態では、血行も悪くなり、栄養も行き渡らない。

冷え性は、美容の大敵だった!( ̄□ ̄;)

腹筋と背筋をつけて、内臓をしっかり前後で支えなきゃ!
「天然コルセット」だね(^^)

さぁ、今日も筋トレ♪筋トレ♪
PR
モムチャン・エクササイズの中には「限界」まで行うというものがある。「限界」ってどいういうことだろう?と疑問に思っていた。
「限界」というのは、その日によって違う。筋肉が疲労している時、体が疲れている時、有酸素運動をしすぎてパワーが残ってない時(←私の場合)などなど、その日の状態によって全然違う。

では、筋肉を発達させるための「筋肉の限界」とは、どういうことなのか調べてみた。

筋肉パワーの限界には2種類ある。

■「生理的限界」
■「心理的限界」
 


日常生活では、筋肉の機能は脳で抑制され、心理的限界のパワーまでしか使われていないのが普通。一般的にトレーニング初心者や女性は、心理的限界が低いもの。仮に10キロのダンベルを持ち上げることができる力を持っていても、心理的な作用のため5キロまでしか持ち上げられないような場合も多い。本当の意味で「筋肉がつく」のは、筋肉を生理的限界まで使えるようになってから。このレベルまで到達することさえ、なかなか大変なこと。 (飯島庸一「引き締まったカラダを作る筋力トレーニング」より)


確かに…子供二人を両脇にかかえて移動できる力があるのに、なぜ5キロのダンベルが重い?寝てしまった子供を抱えて歩けるのに(もうすでに18キロくらいある)なぜマシーンのウェイトは重く感じるのか?私の「限界」は「心理的限界」なのだ。そこまでもいっていないかも…

私がエクササイズを行う際に、腹筋を限界まで行うといっても、きっと全然「限界」に達していないはず。ダヨンさんはトレーナーがついていたし、きっと「心理的限界」を超えてトレーニングしていたはずだよね。まだまだだなぁ~がんばらないと。でも、どうやったら「心理的限界」を超えられる?「もう無理!!」と思っても、「あと1回!もう1回!」とがんばってみる?そんなところからだね。
腹筋についても知っておく必要がある。知らなければ、鍛えていくことができない。というわけで、今日は「腹筋」のお勉強。

腹筋って、4つあるって知ってた?
「腹直筋」「外腹斜筋」「内腹斜筋」「腹横筋」の総称が「腹筋」
まずは、この4つの筋肉の特徴を知ってから、エクササイズを始める必要があるみたいだ。


■「腹直筋」は、縦に筋線維が走る筋肉。肋骨の下端から骨盤の上端に至る位置に存在する筋肉で、脊柱を前方に曲げる、つまり上体を前屈させる働きをしている。

■「内・外腹斜筋」は、斜めに筋線維が走る筋肉。「外腹斜筋」は、肋骨の側面から斜めに腹部の側面に向って存在する筋肉で、もっとも大きく、表層にある。「内腹斜筋」は外腹斜筋の内側に存在し外腹斜筋とは反対の方向に向って存在する筋肉。これらの筋肉は主に「腹直筋」と協力し合って、上体を前屈させる働きをしていて、またその働き具合によって上体をひねる働きをしている。

■「腹横筋」は、一番深層にあり横へと筋線維が走る筋肉。直接身体活動とは関係していないが、お腹を引っ込めたり、腹圧を高めたりする働きがある。これが「インナーマッスル」といわれるもの。

こういうことを勉強すると、ダヨンさんのエクササイズが腹筋だけで何種類もあるのは納得できる。一ヶ所だけ鍛えてもダメなのだ。腹直筋だけキレイに割れていても、両脇がダブダブしてたら、かっこ悪いもんね。

まだまだ「腹筋」についてのお勉強は必要だ。
奥深いのね…「腹筋」って。


理想のボディを目指して学んでいけばいくほど、「代謝を上げる」ということがポイントになることがわかってきた。
ここで「代謝」についてのお勉強。

ダイエットと代謝の関係について、こちらにわかりやすく説明されています。→★「肉体改造研究所」

つまり、代謝が悪く脂肪が燃やされない体では、いつまでたっても「モムチャン」にはなれないということ。私は平熱が低く、35.7度しかない。冷え性だし、血圧も低いし、肌も荒れやすい。これって基礎代謝が低いってことだよね?基礎代謝が低いのは、最初のダイエットが食事制限中心だったからかも知れないなぁ。体質も改善していかなければならない。

では、代謝を上げるにはどうしたらいいのか?
調べてみると、いろいろな方法がある。でも共通しているのは、やはり筋肉をつけるということ。

足腰には全筋量の6割があり、その中でも腹筋は大きな筋肉。やっぱり腹筋を鍛えることは大事みたいだ。でも足腰を使う運動と比べると、ちょっと見劣りがする。まずは、足腰を鍛えること!その際に、遅筋を鍛える持久運動をメインにして、筋トレを補助的にメニューに取り入れていく。これがベストみたいだなぁ。(なぜなら体脂肪を燃やすのは遅筋だから)

さらに、持久運動は全身の血行改善(←冷え性対策にも)、心肺機能の強化などの、体の基礎的な機能向上が見込める。ただし、効果はゆっくりとしかあらわれてこないので、なが~い目で見ていかなければならない。

ウォーキングを数ヶ月程度、そこからジョギングに移行していくのがいいみたいだけど、歩くのも走るのもあまり好きではない。しかもジョギングは膝などに負担がかかるので、ジョギングに耐え得る足腰が出来るまでは、走りすぎてはいけない。ウォーキングもよい持久運動だが、筋肉に対する刺激が弱いという面があるので、基礎代謝向上にはジョギングまで進めないと意味がないんだよね。やっていて楽しくて自分にあった運動で、挫折せずに長く続けられるものがいいのかな。どんな運動であれ、続けることが最も重要!!私は、エアロ&ピラティス&筋トレでいいや(^^)

継続していけば、バランスよく体力が向上し、基礎代謝の向上はもちろん、全身的な健康が得られるはず♪がんばらなくちゃ!

運動だけでなく、食事も大切。ダヨンさんの本にも書いてあるけど、運動するということは、筋肉にいったんダメージを与えること。このダメージから回復するときに、前より少し強く回復する(超回復)。この積み重ねで体は強くなっていく。
 そのためには、回復のための栄養が足りていることが必要だ。3食バランスよく食べ(モムチャンダイエットでは6食だけど)、特に筋肉を作るたんぱく質の補給を心がけなければならない。食事が不充分で運動をすると、体は弱ってしまい、逆効果になる。キレイになるための努力で、体をこわしてしまっては意味がない。

ボディメイクには時間がかかるみたいだ。
だからこそ、毎日の数値に一喜一憂していると絶対に続かない。
ダヨンさんの言うように、まずはエクササイズを習慣にすること、きちんと食べることが大切なんだよね。

脂肪には、大きく分けて「内臓脂肪」「皮下脂肪」

「内臓脂肪」は男性の方がつきやすく、「皮下脂肪」は女性の方がつきやすい。これには遺伝的な体質やホルモンが関係しているといわれている。

特に女性は妊娠・出産のために、ある程度の皮下脂肪を身につける必要がある。見た目上の問題はあるが、健康上はさほど問題ではない。そのかわり皮下脂肪を減らすのは簡単ではない。預金でいうところの定期預金のようなもの。体に悪影響は少ないといっても、気軽には解約できないので、あまり溜めないうちに早めに対応しよう!

増えすぎるとマズイのは、内臓脂肪。
皮下脂肪に比べてより多くの悪玉ホルモンを分泌しやすく、それが血糖値や血圧を高めてしまう。
ただし、内臓脂肪は皮下脂肪よりも容易に減らすことができる。普通預金のように、すぐ引き落とせる。

昔はあったはずのウエストのくびれがなくなり、下半身に脂肪がついて、体型がくずれてくる…
その大きな理由は、加齢による基礎代謝の低下と女性ホルモンの減少。エネルギー消費の土台となる基礎代謝が下がると、同じ食事をしていても、そのエネルギーを使いきれなくなってくる。持て余したエネルギーは…当然、脂肪に。さらに30代後半になってくると女性ホルモンの代表格、エストロゲンの分泌量が低下していく。エストロゲンには血液中のコレステロールを低下させたり、脂肪合成を抑制するといった作用がある。加齢によって、こうしたエストロゲンの恩恵が受けられなくなり、脂肪がドンドン蓄積されていく。

運動習慣のない女性のほとんどは過剰な皮下脂肪+貧弱な腹筋のダブル要因で、お腹に脂肪がつき、オバサン体型になっていく。
それなりに腹筋があれば、多少の皮下脂肪がついても、女性らしいスマートな体型が保てる。しかし、腹筋がなければ、たとえ皮下脂肪があまりついてなくても「くびれ」のなオバサン体型になってしまうのだ。
問題を解決する方法は2つ。エアロで皮下脂肪を落とし、腹筋を取り入れた筋トレでお腹を凹ませる。これが最も効果的!!

(「Tarzan」 2006/06/14 より)
 1  2  ≫
HOME
ダヨンさんの本
これで…
ウエストがマイナス10㌢!
信じられない!?(〃゜口゜)!?



モムチャン・ダイエット
おそるべし~
☆お願い☆
┗|∵|┓ ポチッと!┏|∵|┛
★ランキング参加中★
エクササイズによる健康的なダイエットを広めよう!
プロフィール
HN:
ふたこぶらくだ
HP:
性別:
女性
職業:
双子ママ
趣味:
旅行・読書・スポーツ
自己紹介:
身長160㎝。男女双子の母です(^^)v
エクササイズで健康的なボディメイクをしています。お腹が割れるまで、がんばるぞ~っ!美味しいものを食べないダイエットなんて、我慢できないっ!きちんと食べてこそキレイなボディは作られるのよね♪
お知らせ
いよいよ私の大好きな季節「秋」が近づいてきました。
食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋、なんてステキな季節なのでしょう♪
これからがボディメイク本番☆
気を引き締めて、 がんばります!(>▽<)

★メールは↓こちら↓へ★



忍者ブログ [PR]